バアル「………ふぅぅぅー」
ベリアル「どうしたんだ?バアルちゃん、そんなこの世の終わりみたいな顔して」
バアル「ベリアル様…」

バアル「生理が…来ないんです」
ベリアル「生理が来ない?おぉ!ついに出来たのか!赤ちゃん」
バアル「何を喜んでるんですか!?ちょっと聞いてくださいよっ」

バアル「色欲界に向かったら…背後から襲われてそのままっ」
ベリアル「…」
バアル「これならアドラメレクに行かせておけばよかったんですっ!!うあああああ!」
ベリアル「色欲界でって事は夢魔かな?ま、所詮ガキだ、嫌ならおろせばいいだろ」
バアル「か、簡単に言わないでくださいよ!もしも夢魔だったら話してる間も」

ベリアル「!」
バアル「うっ!!げほげほげほっ…」
ベリアル「おぉ、つわりだな!おめでとうバアルちゃん、もうすぐママになれる証だよ」
バアル「れ、レイプされてママになるなんて…」
ベリアル「くれぐれも怪我するんじゃないぞ、お・か・あ・さんっ!」
バアル「もう知りません!!うああああっ」



ダンタリオン「バアル様!子供が出来たというのは誠ですか!?」
バアル「ええ、どっかの阿呆に後ろから…」
ダンタリオン「どんな敬意であってもバアル様の子!堕胎はまだ早いかと…」
バアル「…その子は父親を知らないのでしょう、私が務まりますか」
ダンタリオン「務まりますとも!しかし…一体誰がバアル様を」

アドラメレク「………」
バアル「ああ、アドラメレクも一緒に色欲界へ向かったんでしたね…氷の滝を見るとかで」
アドラメレク「バアル様…」
バアル「どうしましたか?堕胎するか産むかはこれから決めますよ」
アドラメレク「何でも、ありません…」
バアル「…どう見ても様子がおかしいですよ、何が言いたいのですか」

アドラメレク「じ、実は…バアル様を襲った男を目にしたんです」
バアル「え?」
アドラメレク「その…その男は、夢魔では…ないんです」
バアル「な、何ですって?」
アドラメレク「………」
ダンタリオン「そ、それじゃ今バアル様のお腹の中に居る子は、誰の」

ベリアル「…俺だ」
アドラメレク「陛下!!」
バアル「は、はははは…笑えない冗談ですね、陛下」
ベリアル「冗談じゃない、俺の子だよ」
バアル「なっ…仮にも補佐ですよ!?一体何でそんなバカげたことを!!」

ベリアル「バカげた行為なもんか!バアルちゃんが俺がいくら誘っても相手をしないからだろう!
俺が!!あの夜、必死に抵抗するお前にザーメンを流し込んでやったんだよ!!
あははははは…最高だったよ!訳もわからず犯される屈辱と羞恥に歪んだ表情は!!
産まれるガキが楽しみだな、雌ならその場で中出ししてやるよ!!」
バアル「く、狂ってる…!!」
ダンタリオン「ベリアル様!それではあまりにもバアル様が…」
ベリアル「何とでも言うがいい、全てはバアルちゃんの頑固さがが招いたことだ。
そうそう、一つ言い忘れていたコトがあったんだ」

ベリアル「犯す前に細工しといたんだよ、孕んだ子をたった一週間で成長し、出産させる効果をね」
バアル「何ですって!?」
ベリアル「そして俺がレイプに及んだのは一週間前、そろそろ出産も近いだろう!!」
バアル「冗談じゃありませんっ!誰があなたの子なんか!!」

ダンタリオン「バアル様!」
ベリアル「アハハハハ…堕胎できるといいねぇ?バアルちゃん!!」

──

バアル「うぅ…自傷覚悟で体内に電気を流し込み、赤子を…ぐぅぅ!?」
ダンタリオン「バアル様!!ま…まさか、もう陣痛が!?」
バアル「う…うぅっ、ベリアル様の子供な訳ありません!あの人は種なしで有名なんです!!」
ダンタリオン「いいえ、ベリアル様の子供です!お腹から感じる魔力が比べ物になりませんっ」
バアル「そんなはずないっ!!インキュバスです!インキュバスの子供ですよっ」
ダンタリオン「インキュバスが大悪魔を孕ませられる訳がありません!!目を覚まされて!」

バアル「う、うぅ…アドラメレクにはめられてしまったんですね、
…あれだけ心酔していたんです、きっと忠実な性奴隷に…クッ!!」
ダンタリオン「バアル様っ!少しキツいでしょうが、ご覚悟をっ」
バアル「う!?ダンタリオン、何故お腹の上に…」

ダンタリオン「ラジオ体操第一!!腕を前から上にあげて 大きく背伸びの運動〜!!
はい! 1、2、3、4、5、6!!手足の運動ッ 1、2、3、4、5、6、7、8...」
バアル「あんぎゃああああああ!?お腹の上でラジオ体操とは何事ですかああああああ!!」
ダンタリオン「腕を回します!1.2.3.4.5.6.7.8、1.2.3.4.5.6
足を横に出して 胸の運動!!横ふり 斜め上に大きく…1.2.3.4.5.6.7.8〜」
バアル「うぐぉぉぉぉえぇっ!!やめて!やめて!!これ以上は無理!!」
ダンタリオン「そ…そんな、今度はお腹の上でタップダンスを」

ベリアル「くっくっく…悪あがきはよせ、二人とも」
バアル「何をしたんですか!?一体」
ベリアル「決まってるだろう、愛する我が子の誕生を見に来たんだよ!!」
バアル「ふざけてないで下さい!なら私は貴方の子を産んですぐ殺してやります!」
ベリアル「何度も言わせるな、悪あがきはよせ。
ちょっとやそっとのダメージじゃ赤ん坊は殺せないんだよ」
バアル「あがぁっ!?あっ…あ…」
ベリアル「終わりだバアルちゃん、魔界の第一王子の誕生を産み落としてくれよ」
バアル「うああああああああ!!」

ダンタリオン「もうダメなのですか…いや、まだ手はある筈!」
ベリアル「!?ダンタリオン、それは…馬?まさか」
ダンタリオン「うぉおおおおおおおお!!バアル様!覚悟おおおおお!!」
バアル「うぎぇぇあぁああああぁあ!!!!」

赤子「カ…ハッ…ウゥ…」
バアル「え?」
ベリアル「………」
バアル「この赤ん坊、髪が黒い…それに」
ベリアル「ククククッ…ハハハハハハハ!!」
バアル「!?」

ベリアル「君は本当にバカだなぁ!!あの夜にバアルちゃんを犯したのは正真正銘の夢魔なんだよ!」
バアル「は…?え…?」
ベリアル「俺がバアルちゃんとヤりたいのは事実だ、だが俺は避妊はちゃんとやるクチでね。
俺の性奴隷であるアドラメレクに、ベリアル様が犯したと嘘をつかせたんだよ」
バアル「な…!?」
ベリアル「本来ならそれこそ数十人がかりで輪姦させてやりたかったんだが、
アドラメレクが生意気にもそれは可哀想だというものでねぇ」

ベリアル「そして、俺にレイプされたと告げられまんまと騙された君は、
実の子供をその手で殺してしまったわけだ!!アハハハハハッ」
バアル「な、なんで邪悪な事を…!!」
ベリアル「俺の事を種なしとか言うからだよ!思い知ったかクソガキが!!」
バアル「…私の赤ちゃん、だったんですね」

バアル「……!!………うぅっ、ああああああああ…!!」
ベリアル「ふふふふっ…ははははは!あーっはっはっはっはっはっは!!」

─あれから一週間が過ぎた…バアルが自身の手で殺めてしまった小さな命は庭園に埋められた。
バアルの命に別状はなかったもの、ショック余り子供を産む事はできない体になってしまったらしい。
ベリアルはあの日から姿を消し……生きているのか、死んでいるのかさえ分からない…。
現悪魔王が姿を消したという事で、現在はバアルが新たな悪魔王となっていた。

バアル「うーん…ニスロクに何か美味しいものでも作ってもらいましょうか」

バアル「……ん?」
赤ちゃん「おぎゃあ!おぎゃあ!」
バアル(あの子を埋めた所の上に……赤ん坊が…?!)
赤ちゃん「おぎゃあ!おぎゃあ!」
バアル「そうか…生き延びる事ができたんですね……!私の、私の子供…」

『──ニュースをお伝えします』
『昨夜未明、バルベリト郊外で黒ずくめの男性の遺体が発見されました』
『アンドロマリウス様は殺人事件と見て、捜査を行うと──』

──

バアル「いないいな〜い…ばあ!」
赤ちゃん「キャッキャッ」
ダンタリオン「この赤ちゃん、バアル様にすっかりなついてますねぇ…私だと泣きだすのに」
バアル「やっぱり私の子供だからでしょうか?ほらほら、よ〜しよし」
ダンタリオン「記念すべき悪魔王のご子息なのです!教育にも力を入れねば」
赤ちゃん「…………」

赤ちゃん(これからもずっと一緒だよ、バアルちゃん……)

inserted by FC2 system