ベリアル(以下ベリ)「アスモデウス、お前…たしか今度地上に視察に行くんだってな」
アスモデウス(以下アスモ)「大したものではありませんが、それが何か?」
ベリ「俺は何分この身分だ、人間界で気になるものがあるから持ってきて欲しい」
アスモ「わかりました、何を献上すればよいのでしょう」

ベリ「フォアグラ、フォアグラってものが食べたい」
アスモ「フォアグラですか?」
ベリ「俺はフォアグラだけ欲しい、肉はお前にやろう」
アスモ「確かにフォアグラは珍味と有名ですが…陛下、関心がおありで?」
ベリ「いや、味じゃない」
アスモ「味じゃない、としますと」

ベリ「人聞きなんだが、フォアグラの作り方ってエグいらしいな」
アスモ「えー…確かガチョウを無理やり太らせ、肝を肥大化させるとか何とか…」
ベリ「ハハハハ!それを珍味だと持て囃しているのか、人間は何度見ても愉快だな」

ベリ「人間の欲深さが詰まったような食材じゃないか、是非実物を目にしたい」
アスモ「はぁ」
ベリ「じゃあ、アスモデウス…視察土産にとびきりのフォアグラを頼むよ」
アスモ「わかりました…探してきます」

-

アスモ「メフィスト」
メフィストフェレス(以下メフィ)「はい、アスモデウス様」
アスモ「いつも思っていますが、地上は何故こんなに騒がしいのですか」
メフィ「人間は我々魔族より短命なため、こうして安全な場所に集まるのではないかと…」
アスモ「種族としての違いは聞いていませんよ!何故こんなに騒がしいんですか」
メフィ「え?」

メフィ「アスモデウス様、今日は静かな方ですよ?いつもはあの通りに旅芸人がいて…」
アスモ「…貴方も地上に毒されましたね、メフィスト」
アスモ「貴方のほかにも人間に化けている者がいるはずですが、その者達とは」
メフィ「もちろん、現在もいつでも交信できる状態にあります」
メフィ「まぁ立ち話も難ですし、続きは俺の部屋で話しましょう」
アスモ「…そうですね、ここは少々騒がしすぎますから」

メフィ「アスモデウス様、情報交換も済みましたし食事にしましょう」
アスモ「地上の食事ですか…」
メフィ「ファウストのジジイからむしったカネがまだあるので、ご馳走も用意できますよ」
アスモ「では、フォアグラは頼めますか?」
メフィ「フォアグラですかー、ああ…切らしてますね」
アスモ「そうですか…」

メフィ「何といってもアスモデウス様にお出しするもの!ここは男らしく一羽買いといきましょう!」
アスモ「い、一羽買い?」
メフィ「アスモデウス様!早速フォアグラを買いにいきましょう!」
アスモ「あ!ちょっと…待ちなさいメフィスト!走るのは苦ッ…ああ!」

-

アスモ「メフィスト」
メフィ「はい」
アスモ「メフィスト、私の声は聞こえますか?」
メフィ「もちろん」
アスモ「…なんですかこの料理は」
メフィ「前ファウストのジジイと飯屋で食べたものを再現しました、美味しいですよ」
アスモ「味は悪くありませんが…」

アスモ「私はガチョウを食べたいともフォアグラを食べたいとも言っていませんよ」
メフィ「え?でもさっきフォアグラはないかと」
アスモ「…陛下ですよ、べリアル陛下がフォアグラを食べたいと」
メフィ「い、一大事だ!」

メフィ「アスモデウス様、こうしてはいられませんっ!最高級のフォアグラを探さないと」
アスモ「いえ…陛下はガチョウ一羽まるごと欲しいとか」
メフィ「…さっきの一羽買いで大分減ってしまいましたねー」
メフィ「アスモデウス様、申し訳ありませんが頼めますか?」
アスモ「私がですか?」
メフィ「困ったら術でちょろまかせばいいんです!頼みますよ」

-

アスモ「ふー…これを献上すれば陛下も満足されるでしょう」

アスモ「さあ…メフィストとの話も済んだし、早く魔界へ」
アスモ「おや…この反応は」
アスモ「誰かが私を召喚したがっているようですね、ついでだし行ってあげましょうか」

召喚士「これで通算120回目…今度こそ!」
召喚士「来たれ!アスモデウス!!」
召喚士「はあ…ダメか、またワンフレーズ間違えたとかかな」

召喚士「ん!?やった!召喚に成こ…」

アスモ「何か用ですか?」
召喚士「…アスモデウス様で間違いありませんよね?」
アスモ「ええ、勿論」

召喚士「何故小脇にガチョウを?」
アスモ「ああ…えぇ、ガチョウ…好きなんですよ、近くで見ると可愛いものですね」
召喚士「ガチョウ好きだったんですか!?」
アスモ「ガチョウ好きなジジイがそんなに珍しいのですか、貴方は!?」

召喚士「そ、そう言う意味では!私めはアスモデウス様の知恵を求め、召喚致しました」
アスモ「礼節は弁えているようですね、して…どのような知恵をお望みで?」
召喚士「私は召喚師がてら、星詠みを行っております…しかし最近どうも上手く詠めず」
アスモ「天文の知恵をお望みなのですね」
召喚士「…はい」
アスモ「わかりました、お教えしましょう」

召喚士「ほうほう…では、今まで私が詠んでいた星は魔界の星であったと」
アスモ「シャハルの星が見えると言う時点でおかしいと思いましてね、後は人間の書物を通し覚えなさい」
召喚士「わかりました!」
アスモ「…貴方は教えがいがあるからまた来てあげますよ、お近づきの証をあげましょう」

アスモ「貴方にはこの、金の卵は産まず、幸運も呼ばず、無駄に食費のかかるガチョウをあげましょう」
召喚士「…」
アスモ「食えなくもないですよ、私もそうしました」

-

メフィ「アスモデウス様!お帰りなさい」
メフィ「しっかりフォアグラを買っておきましたよ、一羽買いは無理でしたが…」
アスモ「…また召喚されるなんて事はないでしょうね」
メフィ「大丈夫です!帰還用の魔法陣も用意したので、ここからお帰り下さい」

アスモ「メフィスト、世話になりましたね」
メフィ「いえいえ」
アスモ「…でも私はあまりガチョウは好きではありませんよ」

-

アスモ「陛下、こちらが貴方の欲しがっていたフォアグラです」
ベリ「思ったより普通だな、さて味は…」

ベリ「…なんだ、こんなものか」
アスモ「…不味かったんですか」
ベリ「いや、美味い…美味いがもっとえげつない味を期待した」

アスモ「ガチョウの肥えた肝ですよ、不味かったら珍味なんて言われませんよ」
ベリ「あー、物足りねーな。すっげぇ物足りねぇ!」
アスモ「…」

ベリ「ところでアスモデウス、ガチョウは?」
アスモ「フォアグラだけ欲しいと貴方が言われたので、それだけです」
ベリ「そうか、肉はやると言ったのに謙虚なヤツだ。下がっていいぞ」
アスモ「はっ」

アモン「どうよアスモデウス、地上楽しかった?」
アスモ「ええ…まあ、そこそこ」

アモン「べリアルが変なの食ってたけど、フォアグラってやつ?」
アスモ「どうやら知識欲から求めていたようで、満足はしていただけなかったようです」
アモン「あー…べリアルってそういうとこあるから嫌いなのよね」
アモン「今度あいつに毒ですと言ってフグの卵巣食わせたら?
カエンタケも添えてね、トリカブトの根っこも混ぜたら海の幸山の幸よ」

-

アスモ「…」

アスモ「貴方、ちょっといいですか」
召喚士「はい、アスモデウス様」
アスモ「ガチョウを生け贄にしろなんて私は一言も言っていませんよ」
召喚士「でも…本にはガチョウの肉をくれるって」
アスモ「…行いは大事ですね」

ベリ「アスモデウス、なんだその不細工な生き物は」
アスモ「フグです、猛毒で知られる人間界に生息する魚ですね」
アスモ「毒味係は不要ですよ、毒味係が死ぬので」
ベリ「つまり食えと言うことか」
アスモ「…ワインのつまみにカエンタケはいかがですか?」

ベリ「公然の場で悪魔王に毒を盛るとは肝が据わってるなぁ?」
アスモ「毒は盛ってません、毒を持ってきたんです」
ベリ「言葉遊びはいい!」

アスモ「ご安心ください陛下、ヒドラ毒に比べれば軽度ですから…少しなら味わえますよ」
ベリ「今度、食事会でお前の飲み水に毒混ぜても怒るなよ」
アスモ「ええ怒りませんよ、解毒すればいいだけですから」

ベリ「ま、不味い…」
ベリ「いや、俺はフォアグラにこの味を求めていたんだ…これが理想だ!ハハハハハ…ぐふっ!」

バアル「べリアル様!」
ベリ「また吐血したじゃないか…あのジジイが」

inserted by FC2 system